友だちの犬に会いに行った

 6時過ぎに起きて庭に出た。空を見上げると雲がきれいなのでデジカメを取りに戻り、また外に出た。

 秋の雲だ。うろこ雲の総柄の着物のような空。

 昨日、友だちから16歳5ヶ月あまりの柴犬がなにも食べないので、なにをあげたらいいだろうと電話があった。肉類が好きだから、とりのささみをゆがいてあげれてみれば?と答えた。他にもチーズや卵など好きなものを何でも食べさせればいいと言った。

 その犬のことが気になり、午前中友だちに電話をすると「様子がおかしい」と言う。昨夜から朝10時過ぎまで目を覚ますことなく、身動きもせず寝ていると言う。夜はおしめをして寝ているが、 朝になりおしめを取ってもおしっこをしてない。いつもはおしめが濡れているのに、と友だち。

 午前中は近くの特別支援学校に行く予定なので、お昼頃わたしのほうから電話をして、犬の様子を見に行くことを約束して電話を切った。

 特別支援学校のカフェではいつものようにハーブティーとサービスの珈琲を飲みながら、知人友人と他愛のない話を楽しんだ。

 カフェを出て、さきほどの友だちに電話をしてから自宅に行った。友だちの老犬は居間に敷いた布団の上に横になっていた。電話で聞いた話から想像していたより落ち着いた感じでそんなに切迫した様子はなかった。深くゆっくりと息をしている。犬のからだをなでであげた。

 友だちも朝電話で話したときより、呼吸が力強くなったと。朝はもっと呼吸が弱く、息をしているのかどうか危ぶんだほどだと言った。

 落ち着いているので動物病院に無理に連れて行くことはないが、どうしても病院に行かなければならなくなったらわたしが付き添うから、と言って友だちの家を出た。

 家に帰り昼食をまだ食べる前に友だちから電話あった。動物病院に電話をしたら尿が出ていないので出した方がいいから、夕方病院に来るように、言われたとのこと。わたしが付き添って行くと伝えた。

 しばらくして友だちからまた電話があり、買い物から帰ってきたら、大量のおしっこをしていたとのこと。動物病院に行かなくて良くなったととてもうれしそうな声で話した。よかったねとわたしも喜んだ。なにしろ友だちの犬は大の病院嫌いだから。

 友だちの犬は高齢で認知症を患っていて、夜中に起きて鳴くことが多いので、睡眠薬を処方してもらい飲んでいる。さらに、最近発作を2回起こし、てんかんの薬も飲んでいる。どちらも脳の状態を鎮静化する薬なので、両方を飲んで効き過ぎたのかもしれないと思った。

 いままで飲んで大丈夫でも、薬の成分が蓄積するとか、老犬なので体調が不安定で薬が効き過ぎるとか、いろいろ理由が考えられる。あくまで推測ではあるが。

 友だちの安堵した声を聞いてわたしも心からよかったと思った。

 

犬たちにまつはる悔いのいくつかを胸にひめつつ今日を生きる

 

f:id:leoleoleoya:20190918180645j:plain

早朝の空

f:id:leoleoleoya:20190918180715j:plain

f:id:leoleoleoya:20190918180934j:plain

矢車菊の青色の花の種がたくさん芽を出した、ピンク色はあまり芽が出ない

f:id:leoleoleoya:20190919023916j:plain

橙色の花が咲くジニアの苗を特別支援学校で買って植えた

 

天気を勘違いして

朝は曇りで気温は低め。過ごしやすい一日のように思えた。

テレビや新聞の天気予報を見なかったのが良くなかった。週末は天気が崩れると天気予報で知っていたが今日の予報は抜けていた。

 来春のために蒔く草花の種と、来春のために植える球根を買いたいので、車でホームセンターにいくつもりだった。ついでに、少し早めだがお彼岸の墓参りの花を買ってこようと思った。出かける前に庭に出て、百日草や千日紅、ミニバラなどを切り、洗面器に水を張り、水切りにした。

 行きはぽつぽつとフロンガラスに雨が降ったが一時的な雨、すぐ止むと楽観的だった。

 ホームセンターでは墓参用の花やチューリップの球根、ストックの種子を買った。買いたかったネモフィラの種やスイセンの球根はなく、ヒヤシンスの球根は高くて買わなかった。ひとつ298円という高さ、いつもは5個パックで少し割安のものがあったが今年は置いてなかった。全体的に球根の種類や数が少なく昨年の三分の一ほどしかない。あまり売れないのだろうか。

 スイセンの球根は昨年は、10種類あまりあったが今年は1種類だけ。よくここで買った’タヒチ’という名のスイセンの球根はなかった。

 買い物を終えて地下の駐車場に降りるとさっきより暗く感じた。外に出ると空が暗くなって、本格的な雨が降っていた。アスファルトが濡れて光っている。

 家に帰ったらさっそく墓参に行こうと思っていたがこれでは無理。こちらの都合に天気は合わせてくれない。早めにお彼岸の墓参に行って、肩の荷をひとつおろしたかったのに。

 母が亡くなり11年あまり、父が亡くなり8年あまり。墓参の花もだんだん質素になり、せめて早めにお墓参りに行ければと考えた。花を買って墓参に行くのがわたしも年をとってきたのでだんだんおっくうになってきた。いろいろな思いがあって、今日お墓参りに行こうと思ったのである。

 車で家に着くと、雨が小雨になり、やがて止んだ。空が少し明るくなったので急いで買ってきた花と庭の花をあわせて花束にし、菩提寺に向かった。秋のお彼岸までまだ数日あるので、ほとんどのお墓には花が供えられていない。

 静かで寂しい墓地で父母のための花を手向けた。百日草のオレンジ色がくっきりと目に残る。

 最初に予定した通りに墓参ができてよかった。ことしは早いねなどと母がどこかで

言っているような気がした。

 

台風に身を裂かれれば川面へと腕垂らしをりそめいよしのは

 

台風15号の風は千葉県の広い範囲で大きな被害をもたらしたが、東京もかなりの強風が吹き荒れたようだ。近くの川沿いに植えた染井吉野大枝が裂かれてをり、川面へとだらんと枝を垂らしている。マンションの一角にある植込みでは、木槿の大木の幹が風に捩じられて斜めに傾いでいる。すごい力が加わったのが見て取れて、思わず捩じれたところに手を触れた。

 

 

寄せ植えのプランターづくりをお手伝い

 朝の空は雲ひとつない快晴。久しぶりに晴れわたる空を見た。

 午前中は近くの特別支援学校に行き、校内のカフェでハーブティーを味わった。

 お昼頃家に帰り、昼食を食べ、また特別支援学校へ。

 商店街に飾る寄せ植えのプランターを生徒さんたちと作るためだ。地域に住む人たちの参加をポスターなどで呼びかけているが今年は地域の人はわたしも入れて3人と少なかった。残り2人のうち1人はわたしの友だちである。

 わたしが一緒に作業をするのは1年生のグループ。一年から三年まで全校の生徒が参加し、一般教職員、校長先生など全員が参加する。

 まず用土作りから。地域の協力で落ち葉を集め作った腐葉土赤玉土、肥料を混ぜる。係りの生徒さんが作業の手順を説明するが、それだけで動くことはなかなか難しく生徒さん一人一人にこれをしなさいと指示したり、作業の現場まで連れて行って手を取って教えたりする。わたしも生徒さんが作業をしやすいように細かく動く。例えばスコップをとってきて、生徒さんたちに手渡したりなど。また不十分なところを補うこともする。

 木製の手作りのプランターにはごろ土が入れてあり、その上の培養土を薄く入れて、その上に草花の根株を置く。ひとつのプランターに苗は三つていど。さらに培養土を入れて植えこんでいく。ここでわたしはまあまあ活躍した。土の入れ方が偏るので、こっちに入れて、と言ったり、軍手をはめた手で土を均した。

 4つのプランターに植え終わり、次は水やり。たっぷりの水をあげてから、プランターをリヤカーに乗せて商店街まで運び、歩道の端に置いた。ぜんぶで15~16個のプランターを作って置いた。

 花苗は校内にある菜園で、種を蒔いて育てたものだ。

 生徒さんたちと力を合わせての作業は楽しかった。

 

f:id:leoleoleoya:20190916192700j:plain

朝の空と木槿

f:id:leoleoleoya:20190916192724j:plain

9月になったらこの色の朝顔だけが咲いている

f:id:leoleoleoya:20190917035522j:plain

木製のプランターに土を入れるとすごく重いが生徒さんたちががんばって運んだ

f:id:leoleoleoya:20190917035548j:plain

さまざまな花を寄せ植えにした

f:id:leoleoleoya:20190917035627j:plain

こちらは葉っぱが中心

f:id:leoleoleoya:20190917035802j:plain

マリーゴールドトレニアは咲いていなくてもつぼみがいっぱい







 

図書館に本を返しに行く

長い間借りていて、貸出期限を過ぎた本が何冊かあり、電話で返却の催促がきた。

都立中央図書館からわたしが住む区の図書館が取り寄せ、それをわたしが借りているので、区内の図書館の蔵書より返却の催促が厳しくなる。

 午後、車に借りた本8冊をのせ、図書館に行った。

 午前中は東京オリンピックの選考レースを見た。どちらかというと男子の選考レースを見た。時々女子のほうにチャンネルを変えたが。

 レースの初盤から集団を抜けて一人で走った設楽選手が後半追いつかれ、抜かれる展開。最後の上り坂が勝負を決める舞台となった。あの坂を男女とも力強く登る姿に感動した。

 図書館では7冊の本を返し、一冊は再度借り、新たな本を3冊借りた。全て歌集である。昨年あたりから歌集以外の本を読みたいとずっと思っていたが実現していない。小説を読みたいなあ。

 図書館から帰って夕方には買い物にでかけた。ちょっと離れたスーパーマーケットまで歩いた。川沿いに植えたオリーブの木が川幅いっぱいに傾き、対岸にいるわたしの手に届くくらいになった。台風15号の風の仕業だ。

 買い物の帰り、外に出て草むしりをしている近所の奥さんとしばらく立ち話をした。独り暮らしのわたしにこうして近所の人と話す時間があるのはありがたい。

 

消息を知らせぬ友の知らせぬまま三年の歳月 勝手にしやがれ

 

台風にすべての花を落とせしに木槿の花がまだ咲きはじむ

姫リンゴの剪定

 涼しくて過ごしやすい。初秋のおだやかな土曜日。

 朝はほぼ毎日、近くの河畔をこころのなかの犬たちを誘って歩く。台風15号の雨で川が増水しが、川べりの半夏生が倒れ、上流から流れてきた大量の葉っぱや大小の枝、草などに埋まっていた。

 毎日見ていて、このままでは半夏生が枯れてもしかしたら来年はここから消えてしまうのではないかと思った。

 今日はなんとかしようと思い、長靴に履き替え、川べりに降りて半夏生に被さっている大量のゴミ(葉っぱや枝、枯れた草など)を取り除いた。枝をもろくなっているので簡単に手で折れる。細かい葉っぱや草はゴミ袋に入れ、折った枝は紐で束ねた。

 わが家の庭の手入れだけで大変なのに、まったく関係ない川のゴミまできれいにしてなんというおせっかいなやつと自分のことをののしりたくなるが、半夏生が好きなのでしかたない。ただ。おせっかいはなるべくしないようにしたい。

 45リットルのゴミ袋ふたつ、枯れ枝一束、半夏生に混じって勢力を拡大している雑草(名前はあるがあえて書かない)を切って束にしたものを、河畔のゴミ集積所に置いた。いくらなんでも自分の家に持って帰りたくないから。

 家に帰りしばらく休み、伸び放題の庭樹を眺めると少しは自分の家のこともしないと、という気持ちになった。

 てはじめに姫リンゴの木の枝を剪定した。この木は短く切っても春が来るとかならず花が咲く。とても愛らしい花なのでこの花が咲かなかったら春が寂しくなるほど。きっと来春も花が咲くよねと思いながら切った。

 姫リンゴの横に植えたライッラクの木の枝も切った。このライラックは父とわたしが、近くの花屋で1本づつ買って植えたもの。買ったときは紫と白の模様のきれいな花が咲いたがしばらくして、白い地味な花に変わった。たぶん、紫と白のライッラクの木を、花は地味だが丈夫なライッラクの木に接ぎ木したものではないかと思う。接ぎ木したきれいな花のライッラクは成長できず枯れてしまい、もとの根を持った木が生き残った。

 この地味な花のライッラクがもう1本あるが枝を切るのは後回しにした。

 わが庭に植えてある木の98%は父が植えたもの。わたしが植えたのはオカメ桜1本、沈丁花3本、椿2本、ピンク色の雪柳1本、ミニバラ1本、久留米ツツジ5本くらい。

 

いくたびの夏をいやされき川べりの半夏生が台風に倒る

矢車菊、ニゲラの種子を蒔く

 同じ時期のブログを読み返すとちょうど今頃、来春のための種まきをしている。

 台風15号が去った後、そろそろと思っていた。暑い日が続き、ためらっていたが昨日、今日と涼しくなったので種まきをすることに。

 てはじめに今年の5月の種子をとった矢車菊とニゲラを蒔いた。矢車菊は今までブログで矢車草と書いていたが調べてみると和名は「矢車菊」が正しいようだ。英語名はコーンフラワーという。

 まず、花色ごとに採取した矢車菊の青色と桃色の花の2種を蒔いた。今年は桃色の矢車菊があまり咲かなかった。種を蒔いても発芽しなかったのだ。数少ない花からなんとか取れた実には幸運にも種がしっかりとできていた。花が終わった後、種ができていないものも多いのでよかった。

 ニゲラは青色の花と、その他の色の花に分けて種を採った。その他にはピンク色や白などがある。ほんとうは花色ごとに種を採りたかったが結実すると花色がわかりにくいのでできなかった。青色だけは株数が少ないのでどの株なのか覚えていた。

 ていねいに種蒔きをしたつもりだが、いつも発芽するかどうか不安になる。発芽後に虫に新芽を喰われるという不運もある。

 だがこれらを乗り越えて春に花が咲くとすごくうれしいので種まきはやめられない。

どうか無事に芽が出るように・・・・・・・。

 

 午後は駅前のスーパーマーケットまで歩いて行った。たいていは車で行くが時折歩いて行く。昔からよく知っている家がとりこわされ、更地になっているのを見て寂しい思いをした。父母や柴犬レオがいた頃がどんどん遠ざかっていく。

 変わらない家もあった。柴犬レオがいた頃、この家では二匹の犬を飼っていた。外飼いなので散歩の途中にレオとフェンス越しに仲良くしたことがある。その二匹の犬は親子で、親も子もレオより前に亡くなったと聞いている。

 老犬ももこが亡くなったのは3年前あまり前なので、まだどんどん遠ざかる感覚にはならず、ときどきももこがいたのが昨日のように思える。

 

土くれに矢車菊の種を蒔き命の芽生えをただひたすら待つ

 

この春に孵りし子めだか秋となり子をなすまでの大きさとなる

 

 

f:id:leoleoleoya:20190913003059j:plain

ポット鉢に種蒔きをした。向かって右が矢車菊、左がニゲラ

 

f:id:leoleoleoya:20190913003220j:plain

赤いペンタスが夏の間元気に咲き、秋になってもまだ元気に咲いている

f:id:leoleoleoya:20190913003148j:plain

右のトレニアは小さめの株を植えたのに夏の間に大きくなった

 

盆栽用の植木鉢を作る

  朝6時前に起きて外に出ると風が涼しく感じられた。

 昨日から空気が夏から秋へと変わった。

 午前中は近くの特別支援学校に行った。校内のカフェでお茶を飲んだ後、生徒さんに案内されて校内の園芸班の部屋に行った。作業を5回にわけて盆栽用の植木鉢を作り、小さな木を植えて盆栽を作る。特別支援学校で行っている作業学習を生徒さんたちといっしょに体験しながら、盆栽作りを楽しめるようになっている。

 園芸班の部屋では小さな鉢に植えた楓とニレケヤキの木の苗からわたしの好きなものを一つ選んだ。

 さらに生徒さんに案内されて陶芸班の部屋へ。ここでは粘土のかたまりを棒で伸ばして盆栽用の植木鉢作りをした。生徒さんが作業用のエプロンを持ってきてくれた。伸ばした粘土を型にかぶせて、植木鉢のかたちに成型する。 今日来れなかった友だちのためにも一つ植木鉢を作った。自分用一つ、友だち用一つ、さらにちょっとおもしろいデザインのものを一つ、計三つ作り、植木鉢の底穴をあけたり、足を作るなどの仕上げは陶芸班の先生がしてくださる。出来上がった植木鉢は2週間乾燥させ、素焼きの状態で3回目のときに出来上がっている。

 粘土を伸ばすのはかなり力がいるので3つの植木鉢を作り疲れた。

 陶芸班の作業学習では生徒さんたちが同じように粘土を棒で伸ばす作業をしている。熱心にやる生徒さん、1~2回伸ばすとあきてしまう生徒さん…いろいろな生徒さんがいて先生は大変だ。飽きてしまう生徒さんには粘土に文字を書いてこれを消してみなさい、みたいな感じでやらせている。それでもすぐあきてしまうのでまた文字を書く、この繰り返し。根気よく生徒さんに作業をやってもらおうとする先生の努力には頭が下がる思いだ。

 焼き物は焼いてみないとわからないと先生がおっしゃった。焼き上がりが楽しみである。

 

ときとして二十四時間ともにゐし犬亡くなりて六年が過ぐ

 

父母を送りし家にともに住み最後の家族はわが犬なりき

 

f:id:leoleoleoya:20190911173907j:plain

今日の早朝の空