少し疲れたので今日は休む

5時半ごろ目覚め、庭に出た。

朝の空は昨日ほどはきれいではなかった(もちろんきれいだけれど)。毎日、一つとして同じ空はないということに今さらのように気づいた。

 金曜はゴミ出しの日なので、ツゲを切った枝などを入れたゴミ袋を3つ出した。

 朝はそれほど感じなかったが時間が進むにつれて、疲れているのかなと思うように。

 朝食後、まだ敷いたままの布団に横になった。このままずっと横になっていたい気持ちだが、そんなことではいけないと起きた。 

 ただ、疲れを感じたので今日は庭仕事など身体を動かす作業は休むことにした。

 車でホームセンターに行き、花壇の植え替え用の花苗を買うつもりだったが明日か来週に行くことにした。

 ほとんど一日、家でのんびりした。

 明治神宮献詠会から月に一度送られている冊子を、今日はいちばん最初から(古いものから)読み直した。昨日はいちばん最近のもの(新しいもの)から読み直したので、まったく逆の読み方をした。

 明治神宮の月次歌会に参加するようになったのは2013年7月から。最初は年会費を払わず、月一回の歌会の参加費だけを支払った。短歌の初心者なので、続けられるかどうかわからなかったからだ。

 冊子は古いものから読み進むと、いつのまにか2015年になった。そうか、この年は老犬ももこが家に来た年だと思った。

 ももこが家にいた頃献詠して、選外佳作をいただいた歌を見つけた。

 「茄子」の題詠である。

 

 茄子紺のブラウス着れば初夏の風遠き海から吹きてくるなり

 

 茄子紺の日傘を詠った歌と2つの歌を詠み、このブラウスの歌を送ったのである。

 ももこがいた日々がこの歌からなつかしくよみがえってくるような気がした。

 

 夕方になり、ももこに手向ける花を切るため駐車場に行くと、近所の友だちが自転車で通りかかった。立ち話をしながら、花が終わったプランタービオラを抜き取り、球根を手で探って取った。

 友だちは白い蛍ぶくろが咲いているのを見て、庭に植えたいのでほしいと言った。いつもなら、スコップを持ってきて掘ってすぐあげるのだが今日はそんな気にならなかった。やはり、疲れているようだ。

 今夜はゆっくり休むことにしよう。

 

庭隅にひと足早く色づけり五月の空の色の紫陽花

グラジオラスの球根を植える

朝早く起き庭に出て空を眺めた。

青い空にうすい白い雲がたなびいて、目を離すと雲の形がどんどん変わっていく。デジカメを取りに家に戻っただけでも、空の様子が変わっていた。

 朝食後はツゲの生垣を刈り込んだ。昨年は刈り込まなかった。父が植えたツゲの生垣は一部だけ残してほとんどは駐車場を作るために取り除いた。残した一部(4本)と新たに植えた4本を刈り込んだが、残したツゲのうち2本はほぼ枯れてしまい、枯れた枝を切った。

 東の空の太陽がまぶしく、全部刈り込まないうちに中断し、夕方に続きをすることにした。

 お昼前には特別支援学校のカフェに行き、ハーブティーを注文した。カフェでは学校の二年生と三年生の実習授業が行われ、接客や飲み物を作るなどを学び身につけていく。お客として通うことで、いくらかでも授業の手助けができれば、という気持ちがある。

 昼食後、陽射しの強い時間は家の中で過ごした。明治神宮献詠会から毎月送られている冊子を読み直した。わたしの短歌歴は明治神宮での歌会と切り離しては考えられない。この歌会で短歌をはじめ、3年ほどはここだけで短歌を詠んでいた。自分のいままでの歩み(といっても6年弱)を振り返る気持ちがあった。

 4時過ぎになり、陽射しが弱くなったので、庭に出てツゲの刈込の続きをした。後片付けを入れて小一時間ほどかかった。

 まだ夕食の支度まで時間があったので、グラジオラスの球根を植えた。昨年咲いたグラジオラスの球根を掘り起こしたものが11個、新しく買った球根が4個。

 新しい球根はオランダ産。ちゃんと花が咲くのか不安になるほど見た目が小さい。でもオランダ産はある意味ブランド品だから花が咲かないことはないだろう。

 15個の球根を5個づつ、花壇の三か所に植えた。植える前に花の終わりかけたビオラやパンジー、ノースポール、忘れな草を抜いた。抜いたところに腐葉土をたっぷりと梳き入れて耕した。そこにグラジオラスの球根をサイコロの五の形に植えこんだ。

 真ん中に一個、周りに4個。球根を植えたところ小枝をさし、どこに植えたかわかるようにした。

 やっと球根を植えることができた。

 

黄緑のグラデーションをまとひつつ夕ぐれの柿の木根もとより昏む

 

8月に咲く花、土に仕掛けたりグラジオラスの球根五つ

 

f:id:leoleoleoya:20190522172046j:plain

早朝の空

f:id:leoleoleoya:20190522172235j:plain

月影が残る

f:id:leoleoleoya:20190522175947j:plain

紫陽花が色づきはじめた

f:id:leoleoleoya:20190523060500j:plain

花壇に咲く赤いポピー

f:id:leoleoleoya:20190523060524j:plain

春咲きに咲いた草花を抜いた花壇にニゲラが咲いている

f:id:leoleoleoya:20190523060627j:plain

エキナセアの花、花壇に十年数年植えたままの宿根草

f:id:leoleoleoya:20190523060647j:plain

鉄砲百合のつぼみ

f:id:leoleoleoya:20190523061132j:plain

斑入り葉の花菖蒲、花芽を4つ付けた







 

 

子目高が生まれた

 朝から晴れて青空がひろがった。湿度が低く、さわやかな初夏の陽気となった。

 庭に置いた2つの水がめで飼っている目高。昨年、卵から孵った子目高は冬を越すことはできたが、4月中にぜんぶいなくなってしまった。昨年から生き延びてきた1匹だけの親目高もいつのまにかいなくなった。

 今、水がめにいるのは今年買ってきた新しい目高だけ。その新しい目高も8匹買ってきて生き残ったのは5匹だけだ。

 その五匹がつがいになっているようで次々に卵を産む。その卵を2週間前ぐらいから水を張った陶器に入れていたが昨日、2匹の子目高を確認。今日はさらに1匹孵り、3匹となった。

 今、卵から孵れば8月中にはある程度大きくなり、親たちと同じ水がめに移せるにちがいない。

 今年こそ、子目高が元気に育ってほしい。目高は見かけによらず(?)、弱いものいじめをするところがあり、小さな目高が無事に育つかどうか心配である。

 午前中は庭に出て、駐車場の横と後ろに植えた3本のドウダンツツジを刈り込んだ。

 昨年は刈り込むのをさぼったので、二回りほど大きくなったがそんなに強くは刈り込まなかった。陽当たりがあまりよくなく、花つきがよくない。紅葉がきれいなので秋を楽しみにしている。

 

大雨の翌朝の川水澄みて水すましたちツンツンと泳ぐ

一日中雨が降るなか、外出

 朝から雨が降り、だんだん強く降るようになり、風も強くなった。

 火曜日は特別支援学校のなかにあるカフェが営業する日だが、雨風共に強かったので行かないことにした。 

 そのぶん家にいてたまった新聞を読み、読みかけの内藤明氏の歌集『薄明の窓』を読み終えることができた。

 この歌集は2008年から2015年までの長い期間の歌がおさめられている。ちょうどわたしが家族や柴犬レオを失ってゆく歳月に重なっているので、自分を重ねながら詠むことができた。

 最後の2015年は老犬ももこをわが家に迎え入れた年で、ももこがいるとき観に行った村上隆の五百羅漢図展が詠われているのをなつかしく興味深く読んだ。

 一読してもう一度は読みたい歌集だ。

 昨日は昼過ぎには東京は雨が止んでいるとの予報だったが前線の進行速度が予想より遅くなったとかで、午後になっても風雨が強かった。

 やや落ち着いてきたかなという時間に家を出て、いつも行く歯科医院に行った。歯科医に歯をチェックしてもらうだけで今日は帰った。

 外は小雨になっていた。

 この歯科医院を出てゆるやかな坂を下ると妙に心が騒ぎだす。老犬ももこがいた頃からここに通い始めたのでそのことがあるのだろう。

 ももこだけでなく、亡くなった母のことも思い出した。母に悩みごとの相談を生前、一回もしたことがなかった。いま母が戻ってきてもすることはないだろうがただそばにいいてくれるだけでいいと思った。

 失った犬たちもそばにいてくれたら。心強いだろう。

 

並木道銀杏の葉より落ちる雨ときおり傘を強く打ちたり

 

決めかねるこころを持ちて雨の道歩けば鳥のさえずり聞こゆ

 

午前中にツツジの刈り込み、午後は球根を掘る

 晴れて陽射しが出たが、風のなかに湿り気を感じ、雨が近いと思った。 雨が降る前にやりたい庭仕事がたくさんあり、今日はせっせと身体を動かした。

 朝早い時間に梅の木の油虫チェック。いくつか油虫が付いた枝を見つけ、切り落とした。

 朝食後は昨日刈り込んだオオムラサキツツジの枝をゴミ袋に集めた。さらに玄関へと続く庭道沿いに植えたツツジを10本ほど刈り込んだ。オオムラサキツツジのように大きくはなく、一株一株がコンパクトなので時間はそうかからないが刈り込み鋏の調子がいまいちで、別の刈り込み鋏に替えた。別のは長らく使っていないため錆びが出ていて、台所で研いでから使った。

 軽く刈り込むならこちらでもなんとかなるが、かなりハードに刈り込むときはいつも使っている方が断然いい。

 ツツジの刈り込んだ枝をゴミ袋に集めながら、ツツジの下に生えている羊歯類をむしり取った。叡山スミレも生えているがこちらは残した。ツツジの下はほどよい半日陰になり、スミレにはちょうどよい環境のようだ。

 ここまででお昼を少し過ぎたので、庭仕事をひとまず終え、家に入った。

 昼食後は郵送されてきた熊本県八代市で開催される短歌大会の全詠草に目を通した。わたしも短歌1首を送ってある。ぜんぶで58首の参加があり、このなかから5首を選び、同封の葉書に記して送る。互選賞のための選歌だ。 

 ざっと選んで、5首に絞るのは後回しにした。

 また庭に出てこんどは花壇に植えたチューリップと水仙の球根を掘り起こした、ヒヤシンスの球根は少し前に掘り起こしたので、これで花壇に植えた球根はそのままにしておくムスカリ以外はすべて掘り起こしたことになる。

 夏から秋にかけての花壇への植え、替えが今年は遅れ気味でややあせっている。

 夏に咲くグラジオラスの球根はもう植えていなければいけないのにまだ植えていない。いつもチューリップを植えたところに植えていたので遅れてしまった。

 グラジオラスは植えてから3か月後に咲くと言われているので、8月中に咲かせたいならすぐ植えないと・・・・・・・。

 夏から秋に咲く草花への植え替えも遅れていて、いつもなら植え替え用の苗を用意してあるのだが今年はまだ買っていない。

 いろいろ理由はあって、ベニカナメの剪定を早めにしたので(いつもなら5月中旬以降)、そのしわ寄せが来たともいえる。

 

 書き忘れたことを追記する。

午前中、庭仕事をする前に友だちから電話があった。16歳になる柴犬(女の子)を飼っているが昨日の夕方、2階のベランダから落ちてしまったと話した。ベランダはトイレ代わりになっていて、手すりから顔を出すことがあるので気を付けていたようだがうっかり目を離したすきに落ちたそうだ。

 気づいてからすぐ動物病院に連れて行ったが、ふつうに歩けるし、超音波の検査でも異常がないが、脳に何かあったときは1週間以内に症状が出るので気をつけてくださいと言われたそうだ。

 しばらくは買い物以外は外出せずに犬のそばにいると話した。2階から落ちてきっとショックを受けているから、そばにいてあげると安心すると思う。

 昼食の準備をしているとき、もうひとりの近所の友だちが手作りのマーマレードを持ってきてくれた。きれいなオレンジ色でとろっとしておいしそう。ごちそうさま。

  

 

  

 

 

 

初夏の庭にしづかな花火をひろげたり小さき花なる雪の下の群れ 

 

f:id:leoleoleoya:20190519023347j:plain

雪の下の花は小さくて地味だが、群れ咲いていると風情がある

f:id:leoleoleoya:20190520031339j:plain

ひとつだけ花が咲いた”ハーグレイ・ハイブリッド”という名のクレマチス、数年ぶりの花

f:id:leoleoleoya:20190520031002j:plain

山紫陽花”舞妓”の花、今年は花つきが悪く、3つしか花をつけなかった

f:id:leoleoleoya:20190520031213j:plain

ポピーがひとつ咲きそう、もしかしたら罌粟(けし)かもしれない





 

油虫が付いた梅の枝を切る

 昨夜は何回か目が覚めてしまった。目が覚めてもすぐ眠りについたが、朝起きたのは7時頃でいつもより寝過ごした。

 起きてすぐ庭に出て、目高にえさをやったり、鷺草の鉢植えに水やりをした。

 梅の木の枝に油虫が付いているのを昨日見つけ、枝ごと切ったがまだ残っていそうな気がした。おそるおそる見上げるとやはりいた。

 さらに昨日は油虫がいないと思った梅の木にも油虫が付いた枝を発見。びっしりと灰色の油虫が枝全体にまとわりついている。こんな枝が何本もあり、まだ朝食前だが高枝鋏で切った。切った枝が他の枝に引っかかると、油虫がぼろぼろこぼれ落ちる。 

 朝から油虫と格闘なんて・・・・・・・。

 全部取りきれないので残りは後ですることにした。

 朝食後、新聞をしばらく読んでからまた庭に出た。

 まず昨日の続きのオオムラサキツツジの剪定をはじめた。昨日、8割くらいは切ったので今日はその残りだが切りにくいところが残った。脚立にのぼり、身を乗り出すようにして切った。

 隣家との境近くに植えられているので、隣家の敷地に入り、わが家のほうから手が届かないところを切った。

 途中、刈込鋏が切れなくなったので家に入って砥石で研いだ。父がよく使っていた砥石が3つあり、そのうちのひとつを使った。

 研ぎ終わった鋏が切れ味がよくなり、スムーズに刈込が進んだ。

 刈り終えたオオムラサキツツジは伸びた枝を大幅に切ったのですっきりと締まった感じになり、風通しがよくなった。

 庭の他のうっそうとした木がいっそう気になり、隣家に枝を伸ばし放題の山吹の枝を切った。さらに庭に2本ある楓のうちまだ剪定していないほうのが枝を伸ばし、まわりの木を日陰にしてるのが気になり、こちらも大幅に切った。混み合っている太めの枝をノコギリで何本か切ると、葉の間から陽射しが注ぐようになった。

 午前中はここまでで終えた。

 昼食後は図書館で借りてきた歌集を読み、インターネットでNHK短歌に2首投稿した。あまり自信がないが、何首でも投稿できるのでわりと気軽に投稿できる。

 夕方近くになり、少し離れたスーパーマーケットまで歩いて買い物行った。

 帰ってからまた庭に出て、梅の木の枝に付いた油虫をチェック。やはり、伐り残した枝が何本も見つかったので、高枝鋏で切り落とした。

 梅の収穫まで油虫がこれ以上ひろがらないように毎日をチェックするつもり。

 

人の手の届かぬ水辺に咲くドクダミ傷つけられず傷つけもせず 

 

季はすすみ庭木の繁り濃くなれば日陰の枝葉に虫らが巣食う

 

わが庭のつつじの葉陰にエッシャーのとかげしずかに隠れたり

 

f:id:leoleoleoya:20190519021316j:plain

ニゲラの花が咲き始めた

f:id:leoleoleoya:20190519022610j:plain

こぼれ種から咲いたニゲラ、何年越しに咲いているだろう、柴犬レオがいる頃からか

f:id:leoleoleoya:20190519022921j:plain

ほたるぶくろの花も咲き始める、最初は赤い花だけだったがいつの間にか白い花も咲くように

f:id:leoleoleoya:20190519023150j:plain

一株だけこぼれ種からポピーが大きくなった、老犬ももこがいた頃種を蒔いて育てたあのポピーなのだろうか





 

百日草の芽が虫に食べられた!

昨日は外出したのであまり庭の草木に目をやる時間がなかった。

今朝、5~6日前に種をまき、2~3日前に芽が出た百日草を見ると、あんなにたくさん出ていた小さな双葉の数ががくっと減っていた。

 葉が食べられ、細い茎だけが残っているものを引き抜くと細い根が出てきた。芽を出したばかりの葉っぱを食べられては草花は成長できない。 

 芽が出たばかりの時はあまり陽にあてないが、日陰に置いていたのが行けなかったのではないかと思い、陽が当り風通しのよい場所に移動させた。

 残りの葉っぱが虫に食べられませんように。

 他にもショックなことがあり、この庭でいちばんの古木でいちばん枝ぶりがいい梅の木の枝に油虫がびっしりとついているを見つけた。

 よく見ると下のほうの枝はほとんど油虫がついていて、半ばくらいまでついている枝があるが上のほうはまだ被害を受けていない。

 まだ朝食も食べていない時間だが油虫の付いた枝を枝元から切った。ざっと切って残りは食事の後にすることにした。

 午前中はいろいろとやることがあり、続きは午後になったが他の梅の木2本にもにも下のほうの枝に油虫を見つけたので切った。虫は灰色だがつぶすと色があるのか、手がべとべとになり、朱色に染まる。

 夕方近く、オオムラサキツツジの剪定の続きもした。樹高の高いツツジを4~6本並べて植えているところを、上のほうは脚立に上って刈込鋏で刈った。剪定中に知り合いの奥さんが2人通りかかり、声をかけてくれたが疲れていたのでひとりには不愛想になってしまった。もうひとりはそろそろ終わりにしようというときだったので脚立から降りて少し話した。

 

f:id:leoleoleoya:20190517205954j:plain

向かって右が百日草の芽、もっとたくさん芽が出ていたが半分以上食べられた

f:id:leoleoleoya:20190517205709j:plain

斑入り葉の花菖蒲、この2年間花が咲かなかったが今年は花芽が伸びてきた