椿の葉にチャドクガの毛虫が発生

 朝早く陽ざしが出たがすぐ雲が出てきて雨模様の天気。日中は雨がぱらつく時間がほとんど。

 朝のまだ曇りのときに庭に出て、見るともなく椿の葉を見ると葉っぱが食べられているところが見つかり、よく見るとチャドクガの幼虫(毛虫)がぎっしりとついていた。

 急いでゴキブリ用の殺虫剤を持ってきて吹き付けるとすぐぽたぽた落ち始めた。

 毛虫を見つけた椿は庭の奥に植えたまだ背の低い木で見つけやすい。庭には10本以上の椿の木があるので、他の木も見て回った。他に毛虫を見つけた椿に5本あり、すべて殺虫剤を使った。1本は樹高が高いので脚立にのぼって噴射したが風があり、ぎりぎりで薬剤が届いた。

 特に樹高の高い椿はこれを含めて3本ある。もう1本は見つけれなかったが、他の1本は高いところにいそうな気配があるが(葉が食べられている)届かず、低いところの葉にもいたので殺した。

 これからしばらくは椿の木を見て回り、見つけたらすぐ殺すようにしないといけない。

 庭に出ているついでで、駐車場の横に置いたプランターの片づけをした。花の終わりかけたパンジーを抜き、ヒヤシンスの球根を掘り起こした。もうひとつの矢車草を植えたプランターは少し前に花が終わりかけたのを抜いたので、ゴミ袋に入れ、土を掘り起こし、古い根っこを取り除いた。

 さらに紅梅の根元にある花壇に植えたヒメウツギの花後剪定をした。背丈は30センチになるかならないか、横に枝を伸ばし根を生やして増えていく。あまり増えると他の花が影響を受けるので、いくつか根を生やした枝を抜いた。

 紅梅の木も花がだいぶ前に終わり(2月には終わっていたと思う)、枝が伸びている。高枝鋏で切り始めたが途中雨がぽつりぽつり降ってきたので中止した。切った枝はおおざっぱにまとめた。あとで後始末をすることに。

 雨が降り始めてからは家のなかで『永田陽子全歌集』の中の「なよたけ拾遺」を読んだ。まだ読み始めたばかりだが、じっくりと読んでみたい。

 ノートに永井陽子さんの年譜の必要なところを書き写した。あと年譜のでコーピーを取ってきたい。

 

f:id:leoleoleoya:20210514230423j:plain

斑入り葉の花菖蒲、今年はつぼみが2鉢で3本しかないが咲くのが楽しみだ

f:id:leoleoleoya:20210514230512j:plain

ミニバラ”フェアリー”が咲き始めた、わたしが小さな苗を買ってきてから16年は経つ

f:id:leoleoleoya:20210514230627j:plain

紅いさつきかツツジか、半日蔭なのであまり花付きがよくない

f:id:leoleoleoya:20210516021424j:plain

発芽した百日草

f:id:leoleoleoya:20210516021431j:plain

朝顔の双葉

f:id:leoleoleoya:20210516021443j:plain

ヒマワリ

f:id:leoleoleoya:20210516021513j:plain

千日紅の芽は見にくいが赤色の小さいのが芽

 

百日草の芽が出た

 晴れて気温が上がった。とはいっても暑いという感覚はなかった。半袖では心もとなく、長袖二枚で過ごした。

 今週の日曜日に種子を蒔いた百日草の芽が出た。日曜日には百日草、千日紅、朝顔、ヒマワリの種子を蒔いた。千日紅の発芽が早いという記憶があるが、それより百日草が早くやや意外だ。

 ヒマワリもひとつふたつ芽を出したものがあるし、朝顔も芽を出しかけている。千日紅は発芽の気配がなく、心配になってきた。

 明日あたり芽を出してくれるといいのだが。

 お昼近く庭に出て、花後の山吹の枝を払った。南天の木も椿の木と重なって混みあっているものを根元から切った。ネズミモチの木の枝も短く切った。

 これからの季節、葉が茂りすぎると風通しが悪く、庭木に虫が発生しやすくなるし見た目も暑苦しい。伸び放題の枝を整理することで、庭に風が通るようになり、気持よく庭で過ごせる。ただ、これからは蚊が発生するので庭でのんびり過ごそうと思わなくなる。

 家にいる時間は新聞を読んだり、国会図書館でコピーした永井陽子さんの短歌やエッセイなどを読んだりした。

 永井陽子さんが釈迢空という歌人が敬愛していたことをエッセイを読んで初めて知った。永井さんの初期の歌には釈迢空の歌集や小説『死者の書』の影響が色濃いことを知った。そうか、ここでつながっていたのかという思いがある。

 とつぜん無から永井陽子さんの短歌世界が生まれたわけでなく、母体のようなものがあると気づいた。

 

 今日は岡山市に住む昔の知り合いに突然の電話をかけた。だいぶ前からどうしているだろうと思い、電話をしたかったが本人が書いてくれた連絡先を見つけられなかった。だがちょっとしたきっかけで、どこに書いてもらったかを思い出したので電話をしたのである。ちょうど岡山市のどこかで歌会の最中で、長く話はできなかったが夜になり、先方からメッセージを届きこちらも返した。岡山市で知人が主体となって発刊している同人誌を送ってくれることになった。届くのが楽しみである。

 もう一人、割と近くに住む従妹に電話をしたがいなかった。こちらも夜向こうから電話があり、来週会うことになった。先日、最寄り駅に行く途中の道で会い、現在入院している母親が退院する前に会って話したいと言われ、こちらから電話したのである。6月初めころには退院して家に帰ってくるかもしれないとのことで、来週会えることになり良かったと思う。

 夕方はバスに乗り、等々力駅前のカフェに行った。小一時間ほど梅内美華子さんのk集を読みながら、自分の短歌を詠んだりした。帰りは少し買い物をして歩いて帰った。

短歌にまつわる郵便物がふたつ

 一日中、雨が降ったり止んだり・・・・。梅雨の入りのような一日。

 そんなに毎日郵便物が届くわけではないが、今日は短歌にまつわる郵便物がふたつあった。

 明治神宮春の大祭で佳作に入賞した、賞品と作品集が届いた。もうひとつは蒲田で開かれる歌会からで、紙上歌会というか先生の添削が添えられたみなさんの作品が届いた。わたしはこの歌会に参加してないので、送っていただき恐縮である。実際の歌会が開かれるとき参加すると伝えてあるので、紙上歌会には不参加ということで送っていただかなくてもいいなと思うが・・・・・・。

 先日届いた「短歌人」という結社誌の編集室短信に、小池光さんという歌人が毎日郵便ポストに収まらない郵便物が届くので、専用のポリボックスを用意していることを書いていた。 

 ささやかな郵便物が日常のわたしにはうらやましくもあるし、大変だなと思う気持ちも。

 最近、外出することが多かったが雨の日ということもあり、今日はずっと家にいた。庭に出てなにかやるということもない。メダカにえさをやったくらいか。

 国会図書館でコピーしてきた永井陽子さんに関する資料(短歌人のコピー)を整理し(何年何月号の短歌人からコピーしたかを明記する)、目を通した。コピーしただけだと、このコピーがどこからのコピーなのかわからなくなる、それでは資料としての意味がなくなるので、きちんと明記した。

 朝、友だちにラインを入れ、その返事がお昼ごろ電話できた。少し話し、また連絡をしてくれるということで話を終えた。

 

f:id:leoleoleoya:20210513024227j:plain

紫陽花の花が色づきはじめた、この紫陽花は早く色づく

f:id:leoleoleoya:20210513024306j:plain

イワミツバの花

f:id:leoleoleoya:20210513024342j:plain

青いニゲラの花

f:id:leoleoleoya:20210513024351j:plain

こちらは白いニゲラの花、もう少しで花開く

 

昨日は友が家に来て、今日は国会図書館へ

 昨日のことも少し書きたい。

 先週、連絡を取り合い、家に来ることになっていた友だちが午前中やってきた。

 わたしはマスクをつけて、友だちはマスクをしたりはずしたりして話した。友だちがわが家にはじめて来たのは一昨年末ごろ。よく来るようになったのはコロナウィルスの感染拡大が進んでからだ。 

 考えてみると不思議な縁である。

 1時間半ほど話した帰る友だちを途中まで送った。急な坂をのぼったところで別れ、わたしはいつも使う最寄り駅のほうに歩いた。友だちはもう一つの最寄り駅へと歩いた。

 

 今日は晴れ間が出る時間もあったが雲が多めだった。

 午前中はユーチューブで開かれるセミナーを30分ほど聞いた。

 昨日会った友だちとラインでやりとりをして、夜電話をくれることになった。

 昼食後しばらくして2時半ごろ、家を出た。4時から個人登録をした人はフリーで入れる国会図書館に行くためだ。コロナの感染拡大を受けて、来館予約をしないと現在は入れないが平日の4時から7時まではフリーで入れるので、これを活用している。できればもっと長い時間、図書館を利用したいが、予約をとるのがわずらわしい。また、あまり長い間図書館にいると集中力が続かないような気もする。

 4時前に国会図書館に着くと、入り口の前に長い列ができていた。わたしも後ろに並んだが4時になるとスムーズに中に入れた。

 地下一階の遺失物係に行き、この前ここに来た時に置き忘れた赤い表紙のノートを受け取った。このノートには歌人、永井陽子さんについて調べたことやこれから調べることが書いてあり、まだそれほど書き込んでいないが戻ってきてほんとうによかった。

 今日も雑誌「短歌人」のバックナンバーのデータを検索し、必要なページをプリントするようパソコン上で指示した。6時で受付終了だが5時45分ごろまで指示を続け、プリントアウトセンターで印刷物を受け取った。パソコンを起動するにも、印刷物を受け取るにも登録カードが必要だ。パソコンの起動にはパスワードも必要になる。

 図書館を6時少し過ぎに出て、家に帰ったのは7時過ぎ。途中、買い物を少しした。

 急いで夕食の支度をして食べ終わったところで、友だちにラインでいつでも電話してくれて大丈夫と伝えた。友だちからすぐ電話があったが出先なので、またあとで電話するとのこと。9時前に電話があり、用件を話して短めに終えた。

ホームセンターに培養土や花苗を買いに行く

 晴れて気温が上がり、すっかり初夏の陽気。

 日中は長袖一枚どころか半袖でいいくらい。

 花壇の花は入れ替わりの時期になった。矢車草は終わり、昨年から咲いていたビオラやパンジーも植え替え時を迎えた。

 これから咲く花は青い花のニゲラや白い花の鉄砲百合、同じく白い花の浜菊、あわい桃色のアスチルベ、濃いめのピンク色のエキナセアなどなど。これらの花が咲いても忘れな草や矢車草、チューリップ、スイセンなどが占めていた場所が空くので、花壇はがらんと寂しい感じ。

 すき間を埋めるために、百日草や千日紅、ヒマワリの種子を蒔いたがまだ芽も出ていなく、花が咲くのは三か月以上あとになる。

 それまでのつなぎというわけではないが、すぐ植えて花が楽しめる苗を買うことにした。

 車で近くのホームセンターまで行くが駐車場待ちをしている車を見て、やや遠いホームセンターに行くことにした。

 こちらは店も駐車場も規模が大きい。それでも駐車場は混みあっているほうだった。店内はふしぎなことにそれほど混んでいない。

 外にある園芸用品や花苗、植木などの売り場のそれほど混んでいないが、花苗の種類や数が少ない。今日は市場からの仕入れがなく、日曜日にかなりの数が売れてしまい、残り物しかないようだ。

 その残り物から青いロベリアと、桃色と黄色のジニア(百日草)を買った。種を蒔いた百日草は草丈の高い切り花用で、今日買ったのは背丈が低く、枝が分岐したて花数が多いタイプだ。

 あと培養土を一袋買った。種を蒔いた草花が発芽した後、植え替えのときに培養土が必要だから。また、プランターに定植するにも土が必要だから。

掘り炬燵の片づけ、千日紅など4種の花の種まきも

 気持ちのいい晴天の日曜日。ほどよい風があり、部屋の窓という窓を開けて、風を通した。

 午前中は主に堀炬燵をしまう作業をした。例年、だいたい5月の半ばまでに掘り炬燵を片付けて、部屋は夏仕様に変わる。

 父母がいるときはもう少し掘り炬燵をしまう時期が遅かった。秋は早めに炬燵を出し、6月くらいまで炬燵を出していたように思う。

 掘り炬燵のあとに使う正方形のテーブルがあまりにも古く、折り畳みができる脚のところがテーブルからはがれそうになっているのに気付いた。これでは使えそうもないなと思い、自室で使っている和室用の縦長のテーブル(折りたためない)を使うことにした。自室では今仏間に置いてあるし小さめの折り畳み式のテーブルを使うことに。

 正方形のテーブルはたぶん50年以上使っていると思う。わたしが子どもの頃からずっと使っていた、家族団らんのテーブルだ。父や母は使えれば新しいものに変えようとは思わない。だからずっと使ってきたのである。

 昼食後しばらくたってから庭に出て少し前に買ってきた4種類の草花の種子を蒔いた。千日紅、百日草、朝顔、小型のひまわりである。前者の3つは毎年種を蒔いているもの。ひまわりは今年初めて蒔く。数年前、ひまわりの種子をもらって蒔いたことはある。

 蒔き終わった後、もうひとつ種を蒔きたい花があることに気づいた。老犬ももこがいた夏に咲いた日日草の種子だ。どこにでも売っていそうなありふれた桃色の日日草だが、ももこがいたとき咲いていた花の子孫だと思うと時間がつながっているような気がしてわたしにとっては特別な花になる。

 花壇に植えた矢車草の花が終わりかけているので種を取ってから、引き抜いた。まだ咲いている花は切り花にした。

 さらに庭道の雑草を引き抜き、駐車場や庭道の掃除をした。隣家のつるバラが満開で小さな白い花が終わると雪のようにあたりに降りしきる。落ちた花を箒で掃こうとすると、花が崩れて細かい花びらがひろがる。掃かずにすぐ塵取りに入れるようにした。

 

f:id:leoleoleoya:20210509034731j:plain

今日蒔いた種子、平たい鉢とポット鉢に蒔いた

f:id:leoleoleoya:20210509034824j:plain

舞妓という種類の山紫陽花、葉っぱに虫がついて虫食い状態に

f:id:leoleoleoya:20210509034856j:plain

ユキノシタの白い小さな花がきれい

f:id:leoleoleoya:20210509034937j:plain

葡萄の花

f:id:leoleoleoya:20210509035010j:plain

鉢植えの山紫陽花’舞妓’、こちらは葉っぱに虫がついていない

 

「短歌人」五月号が届く

 朝から晴れて青空が広がる。風がほとんどなく穏やかな日。 

 数日前に短歌人という結社のホームページから注文した結社誌「短歌人」が今日届いた。昨日メールをいただき、版元に配送を手配したという内容だった。思ったより早く届いてうれしかった。

 永井陽子さんという歌人の全歌集を昨年から読み続けて、その先に何かあるのかなんて何も考えていなかったが、この歌人に対する興味や思いがある方向を目指し始めた。

 大宮図書館に永井陽子展を見に行ったのが大きなきっかけになった。だが永井陽子展の開催を知ったのはインターネットでこの方について検索していたときにたまたまたどり着いたから。

 いくつかの偶然がわたしを導いているような気もする。わたしが遭遇したいくつかの偶然は暗い森の道筋を示す光る小石なのか。それとも本当にただの偶然なのか。

 届いたばかりの「短歌人」をさっそく読んだ。この結社誌を取り寄せたのは、永井陽子さんの特集を組んでいたからだ。今年で亡くなってから21年がたった。2000年1月26日に48歳で亡くなった。

 特集のタイトルは「永井陽子をたずねて」。「永井陽子と定型」「永井陽子と古典」「永井陽子と音楽」など8つのテーマで短歌人の同人たちが執筆している。

 一読したがもう一回メモを取りながら読みたい。昨年から読み続けた『永井陽子全歌集』をもっときちんと読みたいとも思った。その手がかりをこの特集から得られた。

 短歌人を読んだのは午後が中心だった。

 午前中は庭に出て、オオムラサキツツジの剪定を始めた。今日は玄関を出たところに植えたのと、駐車場に後ろや側面に植えたもの、サワラの木の近くに植えたものなど5本ほどを剪定した。

 オオムラサキツツジの花後の剪定はまだ続く。

 夕方はいつも行く等々力駅前のカフェにバスで行った。小一時間、店にいて「短歌人」を読んだ。帰りはスーパーマーケットで少し買い物をしてから歩いて帰った。